sotto

人を想う So story

次回
2022-12-10予定

Vol.95

高木公佑さん

ふつうってなんだろう(仮)

1982年、福岡生まれ。俳優。バウムアンドクーヘン所属。日本大学芸術学部映画学科演技コース卒業。大学を卒業後、年に数本のペースでプロ・アマ問わずあらゆるジャンルの映画に出演。主演映画多数。2018年、福岡インディペンデント映画祭にて映画『放蕩息子』(監督:横山善太)で俳優賞受賞。趣味は猫の「おはぎ」、屋上菜園、野球。

ESSAY想雲夜話

毎月20日更新

想雲夜話

空に浮かぶ雲のかたちが、ふと大切な人の顔に見えたり、
だまって雲の流れを見つめながら、こころの整理をしたり。
ゆっくりした時間の中でふと考える。
祈るってなんだろう、供養ってなんだろう。

いまを生きていることの不思議をしみじみ想う夜のおはなし。

INTERVIEWSo story

毎月10日更新

『So Story』が目指すのは、現代の生活者のライフスタイルや故人を想う気持ち、供養に対する考え方にあった「自由な祈りの空間」を、見える化(言語化)すること。「人を想うとは」「自分にとっての祈りの空間とは」。さまざまな分野で活動する「わたしたち」の声を積み重ねたその先に、きっと新しい景色が待っている――。

今話題のキーワード

タグで探す