人を想う So Story

『So Story』が目指すのは、現代の生活者のライフスタイルや故人を想う気持ち、供養に対する考え方にあった「自由な祈りの空間」を、見える化(言語化)すること。「人を想うとは」「自分にとっての祈りの空間とは」。さまざまな分野で活動する「わたしたち」の声を積み重ねたその先に、きっと新しい景色が待っている――。

毎週水曜日更新

次回
2022-08-24予定

Vol.88

押田五郎さん

正しく知ることが偏見を打ち砕く(仮)

1950年、東京生まれ。元・東京都清掃局清掃職員。清掃・人権交流会会長。NPO法人インド子ども人権基金理事。国立市人権・平和のまちづくり審議会委員。1972年、東京都清掃局に清掃職員として入り、65歳までの44年間をごみ収集作業員として従事。その間に清掃現場の労働環境改善や人権活動に取り組む。趣味は山登り、ラグビー観戦、クラシック合唱。

記事一覧