Potterinポタリン

しずく型が愛らしい

その名がかたちの愛らしさを物語る「Potterin」。
しずく型の本体の中に、「三具足」(火立、香立、花立)がすべておさめられており、台座部分はそのままおりんの役割を担います。普段は写真立ての前に花立としてさりげなく据えておくことができ、必要があれば、さっと本格的に祈りの場をしつらえることが可能です。

Potterin

税込17,600

  • 金色
  • 銀色
  • ピンクゴールド
カラー
金色、銀色、ピンクゴールド
サイズ
φ68×82mm
内容物
おりん本体、りん棒、香立、 火立(カップ型ロウソク)、花立、敷布、取扱説明書
材料
真鍮、ステンレス、磁器、木(メープル)
受賞歴
グッドデザイン賞 受賞(2015年)

意匠登録 第1516870号、商標登録 第56000724号

使いかた

4つの仏具がひとつになったPotterin

※逆の順番で収納していくとしまうことができます。

手順に沿って花立、香炉、火立て、おりん、りん棒をそれぞれ取り出すことで、リビングでも、寝室でも、お好みの場所に故人と向き合う供養の空間を作ることができます。
木製の輪っかがりん棒となり、おりんの上部を軽くたたくことで音が鳴ります。
また、全アイテムを収納したままでも、しずくの形が愛らしい一輪挿しとして使用することができます。


プロダクトストーリー

磁器、木、ステンレス、真鍮の異なる4つの素材から構成されているPotterin。

ステンレス製のお椀型の火立てと香炉は、金属の塊を削り出したものではなく、非常に硬いステンレス板に、高い圧力をかけた金型を押し付ける「絞り」という技法でこの形状を実現。大変強度の高い金属製品に仕上げています。

仏具という今を生きる人と故人とを結ぶ伝統的な役割と共に、Potterinはまったく質感の異なる素材それぞれに職人の技を施し、デザイナーが美しい調和を図ることで、グッドデザイン賞受賞という高い第三者評価もいただきました。

花は様々な宗教の祈りの場に添えられるものであり、故人を思う気持ちに宗教の境はありません。故人の好きだった花や季節の花を飾りながら、形式にとらわれることのない弔いの時間をお過ごし下さい。


Potterinのかたち


color


ギャラリー

ピクスタル+ポタリン
似た色合いの濃淡の違いで、コンパクトでありながら静かに存在感を放つ空間づくり。
ピクスタルの台に、ポタリンの花立、線香立て、火立てを広げることができます。