NEWS

「暮らしの中の祈りの道具展」に参加します。 会期:2019年1月17日~1月22日

リビングデザインセンターOZONEで2019年1月17日から6日間に渡り、ライフスタイルの変化に対応しながら、現代の暮らしに寄り添うことができる様々な「祈りの道具」が展示されます。
8社9ブランドで展示される中で当社も参加いたしますので、ぜひご来場ください。

 

■開催概要

タイトル 暮らしの中の祈りの道具展
会期 2019年1月17日(木)~1月22日(火)
時間 10:30~19:00
会場 リビングデザインセンターOZONE6F パークサイドスクエア

〒163-1062 新宿⻄東京都新宿区3-7-1新宿パークタワー

主催 暮らしの中の祈りの道具展 実行委員会
協力 リビングデザインセンターOZONE
入場料 無料
問い合わせ先 03-5322-6500(代)10:30~19:00 ※水曜休館

 

■出展ブランド
Sotto(富山県)、アルテマイスター(福島県)、GINZA TANAKA/田中貴金属ジュエリー(東京都)、まなか(東京都)、ぎやまん郷(東京都)、旅する仏壇(東京都)、recolle(東京都)、カドミ工学工業(東京都)、haco project(東京都)

 

■連動企画

オープニングトーク「暮らしの中の小さな祈り~家族と自分のこれからのこと~」

年齢を重ねるにつれて、自分自身や家族の最期について考える時間は自然と増えていきます。家族のこと、自分のこと、これからのこと。日々の暮らしの中にある小さな祈りを通して、ほんとうに大切にしたいことが見えてくる。
オープニングトークでは、俳優であり画家でもある榎木 孝明氏と、歌手でありインテリアにも造詣の深い白井 貴子氏にご登壇いただき、これまであまり語られることのなかった、家族や自分の身のしまい方について、じっくりと語っていただきます。

 

日時:2019年1月18日(金) 13:00~15:00
会場:新宿パークタワー1F ギャラリー・1
参加費:5,000円(税込)
定員:120名(先着順)
お申込みはこちらから

 

<登壇者プロフィール>

・ 榎木 孝明(俳優・画家)

武蔵野美術大学デザイン科に学んだのち、劇団四季入団。1981年『オンディーヌ』で初主演。1983年劇団四季を退団し、翌年のNHK朝の連続テレビ小説『ロマンス』の主演でテレビデビュー。以後、映画『天と地と』テレビ『浅見光彦シリーズ』「NHK大河ドラマ」、舞台などで活躍。絵と旅を好み、アジア各地を中心に世界の風景を描き続けている。

 

 

 

・ 白井 貴子(シンガーソングライター/神奈川県環境大使/環境省3R推進マイスター)

「Chance!」のヒットを機に、女性ポップロックの先駆者的存在、「ロックの女王」と呼ばれる。このほかにも横浜市倉田小学校校歌「大好き倉田小」の作詞・作曲や、愛知県と岡山市で開催された「ESD世界会議」の歌「僕らは大きな世界の一粒の命」を作詞・作曲など、活躍は多岐に及ぶ。10代の頃からインテリアが好きで、20年ほど前に購入した南伊豆の森には1947年製のエアストリームがあり、休日には「ミニマムな暮らし」を楽しんでいる。

グッドデザイン賞2018を受賞しました。

今年発売を開始したPaddle(おりん)がグッドデザイン賞2018を受賞しました。
上部がガラス、下部が真鍮で作られていて、おりんとして使います。

 
[概要]

故人と向き合う供養の空間を現代のライフスタイルの中にどのようにすれば違和感なく、その空間を作っていくことができるのかというテーマの下「Paddle」を作りました。特に都市部では、従来の形の仏壇を置いて供養の空間を作ることがライフスタイル的に難しいと感じている方々もおり、家族が集う生活空間に置いても、違和感なく故人を弔う場が作れる仏具を提供したいと考え、このおりんを開発しました。 仏式の供養の中では欠かせない仏具となっているおりんを、普段の生活の場所に違和感なく溶け込めるものとなるようにデザインしました。

 
[デザイナー]

フラップデザインスタジオ 岡田 心

 
[グッドデザイン賞審査委員の評価]

このプロダクトは、現代のライフスタイルに違和感なくなじむ仏具の在り方として、一つの解決のかたちといえる。ガラスと金属という異素材をバランスよく合わせ、シルエットこそ「おりん」を彷彿とさせるものの、全体の印象は美しいオブジェのように見える。音色も心地良く、よく響く。また、鳴らした後に置き場に困ってしまう「りん棒」をガラス部分の置台に乗せても音が鳴りやまない工夫がなされている。美しさと機能を両立させた新しい仏具の在り方として高く評価したい。

 
[グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ]
http://www.g-mark.org/award/describe/47225?token=TluHVykQCZ

 
グッドデザイン賞の受賞を糧に、これからも「そっと暮らしに寄り添う仏具」をコンセプトとして新しい製品開発に向けて努力を続けていきます。

【メディア掲載情報】週間朝日2018年8月31日号

「週刊朝日」 2018年8月31日号 にPotterinが掲載されています。

モダンでコンパクトな神仏グッズ というタイトルのページでご紹介いただいておりますので、ぜひお手にとってご覧ください。

夏季休業のお知らせ

猛暑が続いた今年の夏ですが、地元の富山では気温が少し下がり過ごしやすくなってきました。
もう少しで秋ですね。

さて、お盆に伴い、以下の通りに夏季休業致します。

2018年8月11日(土)~8月15日(水)まで

夏季休業中にいただいたお問い合わせは16日以降にご連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

展示会(InteriorLifestyle)に出展します。 会期:2018年5月30日~6月1日


変わり続ける現代の住宅環境の中において、日々の暮らしにそっと溶け込み、故人と身近に寄り添う仏具シリーズ「Sotto」の展示会を行います。
「Sotto」の全商品を展示いたしますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

interiorlifestyle TOKYO
会期:2018年5月30日㈬~6月1日㈮ 10:00~18:00 (最終日は16:30終了)
会場:東京ビッグサイト 西4ホール 小間番号K-28
主催:messe Frankfurt

http://www.interior-lifestyle.com/

180529 DM Sotto ifft