Cherinチェリン

美しく佇む おりん

故人を思いながら鳴らすおりんの音色は目を閉じ、手を合わせる間、美しく尊く心に染み渡ります。さくらんぼのような形が愛らしい「Cherin」は、コンパクトで場所を取りませんし、佇まいはまるでオブジェのよう。上部の穴にりん棒を立てておさめるようになっていますが、叩いた後すぐにりん棒を戻しても、音が鳴り止むことはありません。黒色の敷布の上に置くことで、より美しい音色を響かせることができます。

Cherin

税込11,000

  • 金色
  • 銀色
  • 黒色
  • 白色
カラー
金色、銀色、黒色 
サイズ
φ55×H129mm(りん棒を含む)
内容物
おりん本体、りん棒、敷布、取扱説明書
材料
真鍮、天然木
りん棒の先端木部
さくら

意商匠登録第1382910号、商標登録第5401108号

使いかた

本体のおりんの小さな隙間の少し上をりん棒で軽くたたくと、伸びやかな音色が響きます(写真参照)。本体上部に収まっているりん棒は、叩いた後に元の場所に戻しても音が鳴り止むことはありません。さらに付属の黒い敷布をCherinの下に敷くことで、より音が伸びるようになります。

故人との思い出とともに、金属の成熟に合わせ音色もまた、経年とともにゆっくりと深みを増していくおりんです。祈りを特別なものではなく、リビングや寝室に“そっと”しつらえて、生前と同じように、家族との団欒の中やパートナーとの語らいで話しかけるように、心を楽に鳴らしてみてください。


Product story

Sottoシリーズの中で最初に誕生したプロダクトであり原点、それがCherinです。「今までとは全く違う形でおりんを再構成できないだろうか」そんな思いから、新ブランドSottoのプロジェクトはスタートしました。制作にあたり、用いたのは熱した金属に圧力を加えて形を作る「鍛造」という技術。
瀬尾製作所が長年磨き上げてきた技術で、800度まで熱して柔らかくした真鍮を最大で800トンもの圧力を与えて押しつぶし、質の良い仕上がりを実現しています。きれいな音が鳴るよう、二つのおりんの組み合わせ方と製法の研究にはまる1年以上の歳月をかけました。Cherinのために開発したこの技術は特許を取得。音の響きを豊かにするために敷布を敷く仕組みも、「鳴る」役割を妥協することなく追求した結果です。
おりんとりん棒が融合し、現代の多様な居住空間に“そっと”馴染む佇まいは、まさにシリーズを代表する1stプロダクトと言えます。


color


Cherinのかたち

材質 おりん:真鍮
りん棒:真鍮、さくら
サイズ φ55×H129mm(りん棒を含む)

組み合わせ

ピクスタル(斑紋黒染色×ウォールナット)+チェリング+チェリン
三具足とおりん、写真立てが揃った祈りの空間。
異なる素材感の組み合わせでありながら、丸みを帯びた柔らかなフォルムに統一感が感じられます。

※撮影協力 リバーリトリート雅樂倶