Caromaキャロマ

ささやかに香りで満たす

香立と火立をシンプルにまとめた「Caroma」は、いつでも気軽に火を灯すことができる道具です。具足の一部として据えておくこともできますし、来客の際にもてなしとして、好みの香を焚いて、部屋を香りで満たす時にも便利です。陶製の香立を裏返すことで、線香だけではなく、円錐形のお香も焚くことができます。

Caroma

税込11,000

  • 金色
  • 銀色
カラー
金色、銀色
サイズ
Φ72×H47mm
内容物
香立、火立(カップ型ロウソク) 敷布、取扱説明書
材料
真鍮、磁器
小紋柄
七宝(金色)、梅鉢(銀色)

意匠登録第1558951号、商標登録第5855283号

使いかた

Caromaはろうそくの火立て(燭台)と、線香立てがひとつになっている仏具です。
本体は上下に分かれ、別々に使用します。
下部がろうそく用。ティーライトキャンドルをセットして火を灯してください。
上部の線香立ては、細いスティックタイプのお線香、もしくは陶器の蓋を裏返して円錐型のお香を立てて使用することもできます。
キャンドルを使わずに線香やお香のみ灯す場合は、火立ての上に線香立てを乗せて使用することも可能です。
香りは記憶を呼び覚まし、キャンドルの火は心を和ませてくれるもの。故人とゆっくりと対話したいときに、そっと火を灯してみてください

Product story

祈りの空間と日常分け隔てなくどちらのシーンでも、キャンドルやお香に火を灯せるものを作ることを目指してはじまったプロダクト。

お香を置く磁器は、色彩豊かな模様が表現できる日本の焼き物の技術を活用し、小紋柄をあしらうことで華やかな印象に。趣向に合わせて3タイプをご用意しました。見た目だけではなく、磁器は火への耐久性が高いので、実用性にも優れています。
定番のお線香の香りから故人の思い出の香り、お好みの香りなど、自由にアレンジできるよう、スティックタイプと円錐型両方に対応する形を採用。

ろうそくは、仏教で不浄なものや穢れを祓い清める、心の闇を明るく照らす、ご先祖様が浄土へ旅立つ道しるべになる…様々な意味が込められているものです。

故人と、今を生きる人とがともに穏やかな時間を日々過ごすためにも、祈りの空間が特別なところではなく、日常に“そっと”あることを目指して。


color


Caromaのかたち


組み合わせ

ピクスタル+キャロマ
懐かしい写真と香りで、故人との思い出を偲ぶ時間が広がります。
ピクスタル+チェリン+キャロマ
静かに手を合わせるモダンな祈りの空間作り。
異なる色や素材の組み合わせで、お客様らしい弔いの気持ちを表現。