fbpx

コラム

Special color  焼朱銅色

仏具の生産地である富山県高岡市では、品物の製造を分業制で行うことが多く、それぞれに特化した会社が多くあります。金属が品物になるまでには沢山の工程を経ますが、分業制にすることでそれぞれの工程を極めることができ、品物の仕上げについても自由度が広がります。今回Sottoでは特別に、着色をメインに行っている色政さんと新しいカラーの商品つくることになりました。

焼朱銅色の着色の様子はこちら

 

着色には米ぬかやおはぐろ、備長炭などを使った色政の伝統的な着色方法になります。焼朱銅色は、伝統的で風格のある色合いです。手作業にて着色されたため、ひとつひとつに奥行きがあり、模様が異なります。それぞれにじっくりみても飽きのない製品になりました。個性のある色合いをお楽しみいただけたらと思います。