仏具のきほん

仏具とは?

仏さまやご先祖を敬うための祈りの場で、灯りや香り、花などの供物をささげるための道具を「仏具」といいます。お寺の本堂に用意されているものも家庭用に作られたものも、その大きさや形、種類は多様でも、起源や本来の役割は変わりありません。

三具足と五具足

「s o t t o 」が考える供養のために最低限必要な仏具は、火立、香立、花立の3種類で、これは「三具足( みつぐそく)」と呼ばれ、各宗に共通する必需品です。本尊( 仏前) に火立と香立を対に配置する場合は「五具足( ごぐそく)」となります。 「具足」とは本来、ものごとが充分に備わっているという意味を持っています。

仏具のやくわり

ささやかでも、美しい花でお飾りし、ほのかな明かりと焼香の香りで祈りの場を包み込むことはできます。そうして、仏さまに手を合わせることで神聖な気持ちが生まれ、やがて心の充足へとつながるのです。